会報「水守人通信」no16発行しました。

当会の会報「水・守.・人通信」no16が発行になりました。会員の皆さんにお送りしたり、イベント等で配布しています。
やや発行が遅れましたが、由紀編集長の力作です。

内容は大好評連載中のエッセイ「水と木と」(運営会員の一樹さん)、石けんの活動の報告コーナー「石けんプロジェクトぷくぷく…プク」(編集長)、ミニ連載「暮らしのまめ知識」(代表の奥さん)、炭をまくの活動への想いを綴った「ナラ枯れの真相は……」(編集長)、副代表による「きまぐれ茂美のひとりごと改めつぶやき」、代表のうんちくコーナー「炭をまく意味」(代表)、その他活動報告などなどです。

通信16

読みたい方はご一報下さい。
半年くらい経てば、サイトにもpdf書類にしてアップする予定です。

スポンサーサイト
プロフィール

光夫

Author:光夫
酸性雨によって森林が衰退し、樹木が枯れ始めています。これを予防しようと、森を元気にするために、水源の町、宮城県七ヶ宿で、森に炭をまく活動をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR