スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水守林づくり報告

水守林づくり報告
森林の手入れをして、そこで出た材料を原木として炭に焼き、できた炭を元の山にもどす〜この一連の流れを「水守林づくり」と読んでいて、少しずつ水守林をふやしていこうということで、今年は6/20に実施しました。大人子供のべ20人で取り組みました。
水守林'10_1

場所は七ヶ宿ダム湖畔公園内の「こもれびの森」(雑木林)。今回は「できるだけ多くの樹種を残す、林内に光が入るように適宜除間伐する」というめあてで、まずは下草を刈り、株立ちになっているものをチェンソーで倒したりしました。皆いい汗をかきました。
水守林'10_2水守林'10_3


今回は、料理番組のように、炭に焼くところは省いて、焼けた炭をあらかじめ準備し、手入れ終了後皆で炭をまきました。面積はおおよそ7アールそのうち5アールに炭をまき、残りは炭をまかない対照区ということで、炭をあえてまかない区域とし、今後比較することになります。
水守林'10_4

その後、町内田中地区の町長の裏山にある衰弱しているアカマツの大木を助けようと、幹から3メートルほど離した外周を鍬で幅、深さとも15センチくらいの溝を掘り炭を埋設。前回下見した時よりも、木に元気がなく、どうなるかかなり不安です。

こもれびの森の昨年実施した場所では土壌サンプルを採取してあり、今回炭まき後1年経過して、また同じ地点でサンプルを採取し、pHを測定しました。わずかではありますが、炭をまくことで土壌の酸性化はかいぜんされていることが、数値に出ました。
スポンサーサイト

水守林づくり2010開催のご案内

水守林づくり2010開催のご案内
森林の手入れ(除間伐など)をし、そこで出た材料を炭に焼き、その炭を元の山にまいて還元する、この一連の流れを「水守林づくり」と呼んでいます。昨年に引き続き、七ヶ宿ダム湖畔公園内のこもれびの森で実施します。ふるってご参加下さい。ちなみに打ち上げもする予定ですが、宮下さんからいただいた「発芽玄米酒むすび」をごちそうになります!!こちらも楽しみ!!
水守林'10
プロフィール

光夫

Author:光夫
酸性雨によって森林が衰退し、樹木が枯れ始めています。これを予防しようと、森を元気にするために、水源の町、宮城県七ヶ宿で、森に炭をまく活動をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。