雨のpH測定日誌5/30分

tさんから雨のpH測定日報で、今回は積雪の測定データが届きました。
携帯からだと、表が細かすぎて閲覧不可のようなので、
携帯用にもということで、新しいデータのみ、本文にも書くことにします。

新しいデータ
場所:関浄化センター
pH測定値 5.89
2011.5.30am10:15 ~10:35の降雨
tさんのコメント
「降り始めから大分時間が経っていたせいか、今回はph5.89でした。」

データを表にしていますが、項目が多くて横に長くなってしまいましたので、画像が切れているかもしれません。表をクリックしていただければ、別ウィンドウで全部見ることができます。

ph2011_5_30


みなさんでもサンプル採取していただければ、pH測定します。ご連絡下さい。その際は、表の各種項目を記録しておいて下さい。※1降りはじめからの雨量、※2降りはじめからの経過時間は下記を参考に算出して下さい。

※1:防災情報提供センターのリアルタイム雨量より、降り始めからサンプリングまでの雨量を記録して下さい。
※2:経過時間が分からない場合は防災情報提供センターのリアルタイム雨量より、降り始めの時間を割り出して記録して下さい。

pH測定日誌タイトル
スポンサーサイト

JBA日本バイオ炭普及会の総会紹介

会員にならないと参加できませんが(すぐに会員になれます)、
JBAの紹介がてら、総会の案内を転載させていただきます。
JBAについては、こちらをご覧下さい。

JBA(日本バイオ炭普及会)設立趣意書

JBAホームページ



本年9月に、
第3回JBA総会とAPBC KYOTO 2011国際会議の同時開催する運びと
なりましたので、ご連絡させていただきます。

小川会長からのご案内を、以下に掲載いたします。

-----------
3月11日の東日本大震災で被災された方や影響を受けられた方も多いことと
拝察し、お見舞い申し上げます。「日本バイオ炭普及会」では、年初来、先に御案内
した通り、
2011年9月15日−17日第2回アジア太平洋バイオ炭大会の開催にむけて準備を
進めてまいりました。この国際学会と同時に日本バイオ炭普及会の年次総会も
開催いたします。海外では原発事故に対する心配もあって
参加者が予定を下回る恐れが出ております。この際、日本が災害にもめげず、
元気であることを訴えるためにも、多くの方々に参加していただき、活発に議論が進
展することを願い、
ここに再度御案内申し上げます。御忙しい所恐れ入りますが、6月15日までに
参加申込を御送り下さるようお願いいたします。
------------------



昨年のJBAの総会のリポートも合わせてご覧下さい。
小川先生のまとめのスピーチも掲載されています。


人の排泄物にもアルミが……

先日、仙台のある講演会で、
久しぶりに長野の友人に再会し
その後彼女は災害ボランティアに行き
そこでの見聞をメールでお知らせいただきました。

以下、転載します。

人にも樹木にも
同じようにアルミが巡っているということでしょうか。



……
避難所のお風呂に入る機会があったのですが、
そこで使われていたのが、
震災時にたまたまとある展示会で発表されていた
韓国の汚泥(人間の糞)ペレットのボイラーでした。

ボランティアの活動をしているそのボイラーの輸入代理店をしている方が
いろいろと説明してくださったのですが、
その話の中で
「燃えカスの中にあるアルミニウムを分離できれば資源に活用できるのですが・・・。」

などという内容が出まして。

そしてその燃えカスを見せていただきました。

見るからにアルミが含まれていそうな光沢を帯びた硬い塊でした。
排出されているからいいのかもしれませんが、
これほど体内にアルミニウムが取り込まれているのかと
少々驚きました。

そしてその方の話では
その燃えカスからはリンの化合物も取り出したいのだとか。

アルミニウムとリン。
こんなところでそういう話が聞けるとは思いもしませんでした。

………
プロフィール

光夫

Author:光夫
酸性雨によって森林が衰退し、樹木が枯れ始めています。これを予防しようと、森を元気にするために、水源の町、宮城県七ヶ宿で、森に炭をまく活動をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR