白砂青松再生の会のお便り2012/3転載

小川先生の白砂青松再生の会から、お便りが届きましたので、転載します。
お便りと共に,天然下種更新の扱い方、海岸林と広葉樹、瓦礫と植林などについて,
示唆に富んだ文書も送っていただきましたので、
ぜひ、ご一読下さい。
広い視野に立った、謙虚な自然観に、敬服します。

----------------------------------------------------------------------------------------------
会員の皆様
今日8時、また岩手県沖で大きな地震がありました。気象庁の地震情報を見ていると、この一年、全国いたるところで地震が続いています。おそらく、日本列島の活断層が活動期に入ったと思われますが、気の抜けない状態です。昨年の大災害で終わりではありませんので、心を引き締めてお過ごしください。
2012年3月17、18日、兵庫県新温泉町で、同町の方々や宮田和男さん、宗實久義さん、伊藤武さんほか大勢の方々のお世話になり、第6回「白砂青松再生の会」を開きました。参加者は定員をオーバーして41名になり、北海道、宮城、茨木。神奈川、愛知、石川、福井、京都、大阪、和歌山、兵庫、鳥取、島根の各県からおいでいただきました。参加者は70名を超えたと思います。
この間までの雪が残り、山陰特有の肌寒い日でしたが、14時から17時半までの集会は新温泉町町長岡本さんの挨拶に始まり、地元から「但馬浜坂のマツを大切にする会」の代表、笹谷浩二さんから活動報告、次いで各地からの報告が相次ぎ、熱気にあふれたものになりました。お世話いただいた宮田さんが恒例によって6人目の副会長に就任、交流会には地元の衆議院議員、谷公一さんが参加。
来年2013年の第7回の開催地は和歌山県の水軒の浜に決まりました。おそらく、3月上旬に行われる地元の活動に参加することになると思います。その次2014年の第8回は準備の都合によりますが、宮城県の閖上浜を予定しています。第9回は未定ですが、岩手県か、福井県、第10回は島根県が名乗りを上げていらっしゃいます。といった具合で、本会もいつの間にか大発展し、各地で行われる植樹祭や作業に参加させていただいています。今後はできるだけ各地の活動に皆さんがお互いに自主的に参加してくださるよう、お知らせしたいと思いますので、行事予定を私までご連絡ください。なお、ご参考までに添付資料の中に天然下種更新の扱い方、海岸林と広葉樹、瓦礫と植林などについて、思いついたことを書いておきましたので、ご覧ください。気候不順の折柄御身後大切にお過ごしください。  
2012年3月26日    「白砂青松再生の会」会長 小川 眞


「白砂青松再生の会のお便りno29-天然下種更新の扱い方、海岸林と広葉樹、瓦礫と植林などについて、思いついたこと」
スポンサーサイト
プロフィール

光夫

Author:光夫
酸性雨によって森林が衰退し、樹木が枯れ始めています。これを予防しようと、森を元気にするために、水源の町、宮城県七ヶ宿で、森に炭をまく活動をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR