スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わらじで歩こう七ヶ宿」2013炭まきコーナー(2013/8/25)報告

去る8/25に
七ヶ宿町の恒例の一大イベント「わらじで歩こう七ヶ宿」が開催され、
そのコース上に「炭撒きコーナー」を設置させていただき、
参加者500名の方々に、小さいバケツ1杯ずつの炭を撒いて頂きました。
今年で5年目です。
コース上にある町有林のアカマツ林(約15a)に、150kgの炭を撒きました。
わらじを履いたままの方もいるので、平坦な場所で、
しかも実施前に除伐して、柴を片付け、撒きやすいように準備しています。

炭まきの意義の普及も狙って、
スタディパネルも設置しての取り組みです。

DSC07119 (361x640)

わらじ2013-1

waraji2013-5

waraji2013-6

わらじ2013-5

waraji2013-8

waraji2013-7
例年ボランティアスタッフで、水守人の会の運営会員以外の方々にもお手伝いいただいていますが、
今年は、地元高校生などの多数のお手伝いをいただくことができました。
彼らは、小学生時代から、何らかの形で水守人の会の炭まきの活動に参加しているので、
大変勝手がわかっていて、参加者の誘導、説明など、安心してスタッフの仕事を任せることができました。
少々感慨深いものもありました。


実施後、町の担当者から、
「さらに炭まきする箇所を増やしましょう」ということで、
「新たにどこかに炭まきのためのコースを作ってもいいですよ」との提案を頂くことができ、
これまた嬉しいことでした。

takahata2013-8末
余談ですが、上記画像は隣町の高畠町の激しい立ち枯れの山の状態です。
現在の様子です。なんとも悲惨な、恐ろしい状態です。
スポンサーサイト

「白砂青松再生の会お便りNo.33」(小川眞先生)転載

小川眞先生から、
「白砂青松再生の会お便りNo.33」が届きましたので、転載します。
いつもながらに、
スマートな言葉の中に、シンプルで真摯なメッセージが込められていて
感服しています。ぜひご一読を。



白砂青松再生の会お便りNo.33

白砂青松再生の会の皆さんへ
猛暑日が続いたかと思えば、豪雨に見舞われ、洪水や森林火災など、世界中で災害が多発しています。
昔ならさしずめ天変地異が始まった証だと、
為政者の責任が問われ、
年号を変えて神仏に祈願し、大騒ぎになったことでしょう。
しかし、一向に環境問題は話題から外され、
経済優先で性懲りもなくシリアで武力を振り回そうとしています。
世界中が人心不安に陥ると、連鎖反応が起こり、とんでもない方向へ突っ走ってしまいそうに思えます。
今豊かで平和であることを、もっと深く感謝すべきだと思うのですが、
そう思わない人も増えているようです。
残り少ない人生を悔いのないように生きるため、
勇気を出して正しいことをいい、かつ行いましょう。
今回はお知らせだけをお送りします。
たくさんあるのでご迷惑とは思いますが目を通していただければ、幸いです。

1.第八回白砂青松再生の会が福井県敦賀市の気比の松原で、森林管理署や福井きのこの会、地元の協議会などのお骨折りで2014年3月初めに開かれます。ご案内は二度出しますが、予定のたつ方は早めにお申し込みください。
2.気比の松原の保全運動へのお誘いがあります。サポーターを募集していますので、申し出てください。
3.私が長い間四苦八苦していた本ができあがりましたので、表紙と申込用紙をお送りいたします。眠くなるかもしれませんが、ご覧ください。
4.10月4~7日に宮城県の名取市や山元町へ行き、東北大で開かれる集会に参加します。もし興味のある方はご連絡ください。(*連絡先は後述)
以上、暑さや災害にめげず、いい時を過ごしてくださるよう、祈ります。

小川眞



第八回白砂青松再生の会開催計画
第八回白砂青松再生の会の参加申込書
気比の松原サポーター募集パンフ
気比の松原100年構想推進連絡協議会サポーター会員申込書
小川先生近著「カビ・キノコが語る地球の歴史」(築地書館)のカバー写真
○10月4~7日の宮城県の名取市や山元町、東北大で開かれる集会の詳細については
s_fujishima@aeon.biz(藤嶋さんまで)



「白砂青松再生の会」とは小川先生が会長、事務局の会です。主に海岸林のマツ林の再生、修復をする活動です。詳しくは下記の著書をお読みなって下さい。先生の真摯な想いや情熱がひしひしと伝わってきます。ぜひぜひご入会下さい。
そのあとがきに、入会案内があります。先生のアドレスに入会希望の旨をお知らせいただければ、お便りが届くようになります。
炭と菌根でよみがえる松炭と菌根でよみがえる松
(2007/07)
小川 真

商品詳細を見る
プロフィール

光夫

Author:光夫
酸性雨によって森林が衰退し、樹木が枯れ始めています。これを予防しようと、森を元気にするために、水源の町、宮城県七ヶ宿で、森に炭をまく活動をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。