KHB植樹祭報告

150429_2.jpg
東日本放送(KHB)の2015グリーンキャンペーン植樹祭
が開催され、一昨年から引き続き3回目で、植樹ついでに、植樹木の根回りへの炭まきをしました。
地元の七ヶ宿小学校も、今年から学校として参加いただけることになり、
主に、炭まき担当ということで、活躍していただきました。

150429_4.jpg
合計で150kの炭をまきました。

150429_1.jpg
開会のセレモニーで炭をまく意義について説明する時間をいただきました。
「①水をおいしくする⇦健康な森林⇦樹木の健康⇦炭をまく
②温暖化の原因の二酸化炭素の炭素(もともと化石燃料由来で増えすぎたのは人類の過剰な消費)を元の地中に戻す」
という、大きく2点で説明させていただきました。

150429_3.jpg
こちらは、昨年植樹時にまいた炭の様子。

事業主体である森林組合の担当者から、
「大きくなってきた植樹地のサクラを間引いて、それを炭に焼き、それをまた植樹時の炭まきにつなげたい」
という、嬉しい提案もいただきました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

光夫

Author:光夫
酸性雨によって森林が衰退し、樹木が枯れ始めています。これを予防しようと、森を元気にするために、水源の町、宮城県七ヶ宿で、森に炭をまく活動をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR