FC2ブログ

町長の裏山のpHの測定結果〜宮下さんからの報告

町長の裏山のpHの測定結果〜宮下さんからの報告
6/4、ナラ枯れがある町長所有の山に、森林の会の方々と炭をまきましたが、そのおり採取した土壌サンプルのpHの測定結果が宮下さんから送られてきました。また、宮下さんの新刊の案内も合わせてありましたので、そのまま転載します。測定結果の数値にはPH3代なんてのもあって、ちょっとびっくりです。見たよりはずっと森林の土壌の酸性化は進んでいて、樹木の衰退がひたひたと忍び寄っているような不気味さを感じました。
近々、「炭まきカウンター」(仮称)なるものを作成して、今年度炭をどれだけまくことができたか、その量とカバーした面積を累積集計表示をしたものを、折々にアップしていきたいと思います。森に炭をまきましょう。森なしでは生きられません。
以下、転載です。


梅津町長のアカマツ・コナラ林の土壌酸性度が出ましたので送ります。
峰部 4.02  中間 4.21  下部 3.95  平均4.06

pH4という値は強酸性の土壌です。
アルミが溶け出し、土壌微生物が生きられない値です。

皆様にも宜しくお伝えください。


 宮下正次著『こうすればできる100年住宅』(リベルタ出版)ができましたので
紹介させていただきます。
 
安全でもう少し長持ちできる家を建ててみたい。
木材のうま味をそっと引き出し、活かしきる。
そのために冬の新月に木材を伐採し、自然乾燥させる。
その材を手刻みし、木栓で結ぶ。
そこにタケで小舞をかき、土壁を付け漆喰で包み込む。
炭を土壁、襖、天井、床下、地面に入れました。
「木」への徹底したこだわりと炭の力で「500年住宅」までもが見えてきた。
「こだわりの家」の空気はしっとりとし、いつまでも離れたくない居心地です。
こだわりぬいて建てた家が大手ハウスメーカーに負けない価格で出来上がったこともうれしいことです。

御連絡いただければこちらから送らせていただきます。
知り合いにもお勧めして下さい。

宮下正次より
こうすればできる100年住宅こうすればできる100年住宅
(2010/06)
宮下 正次

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

町長さんの裏山のpHの数値大変驚きました。
積雪の多いところほど酸性か強いと聞いていましたが、ここまでとは・・・七ヶ宿の中でも豪雪地帯の湯原でこの数値、いったい蔵王連峰はどのくらいの数値なのでしょうか?
南蔵王を縦走するときにでも測定してみたいですね。(国定公園の
土を持ち帰るのはやはり難しいですかね。)
いろいろ考えるよりもまずは穴焼きしてたくさん撒く炭を準備せねば。
プロフィール

光夫

Author:光夫
酸性雨によって森林が衰退し、樹木が枯れ始めています。これを予防しようと、森を元気にするために、水源の町、宮城県七ヶ宿で、森に炭をまく活動をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR